料理上手な奥さんを幸せにはできない

昔から、料理上手な女の人はとても良いものだと世間では言われていて、その通りだと思っていた。

仕事から家に帰ってきたら、一汁三菜が揃った美しい食卓が用意されている……想像するだけでも、なんて素晴らしいことだろう、と思う。

けれど、「料理上手な奥さん」という概念と共にあるのが、料理上手な奥さん〝軽視〟である。仕事を終えた夫が家に帰ってきて、用意されたご飯を一瞥し、うんともすんとも言わずにダラダラ食べる、あまりおいしそうな顔をしない、そもそも夜ご飯があっても飲み会に行ってしまう……。そういった料理上手な奥さん軽視は実生活でも耳にするし、ドラマでも目にしたことがあるだろう。

そんなの、ひどい夫よね。最悪。

と思っていた。

けれど最近、なんだか夫の気持ちもわかるなあと思うのだ。

というのも、自分が気分屋で、やや偏食だからである。おそらく珍しい属性ではない。気分屋で、やや偏食な人はかなり多いだろう。

で、だ。サラリーマンの私は、日中バリバリ仕事をしている。大忙し。少し仕事が落ち着いてきた夕方、今日の仕事は疲れたな、なんだか、ハンバーガーでも貪り食いたいなあと、マックのロゴが脳裏に浮かぶ。できたらポテトも欲しい。シャカシャカのやつ。ドリンクはコーラだとベスト。そう思うわけだ。

けれど、仕事が終われば嫁が家で食事を作って待っている。「ハンバーガー食べたいので今日の夜飯いらないです」とは口が裂けても言えない。嫁は料理が得意で、毎日豪華な飯を作ってくれるからだ。

それでハンバーガーの口のまま、家に帰る。「おかえりなさい!」と温かい飯が出てくる。サワラの塩麹焼きと、ほうれん草のおひたし。とうふとひじきの和物。味噌汁。

 

違うんだよな〜〜〜〜〜〜〜

もうここでなんとも言えない気持ちになる。嫁にも飯にも罪はない。罪があるのは自分に他ならない。なんだよマックの気分って。不健康だろ。目の前の健康的な食事を見てみろ。手作りの心のこもった料理を。素晴らしすぎる。

 

けどさ〜〜〜〜いまもうハンバーガーの口なんだよな〜〜〜〜〜〜〜〜

こうなると、悪い意味で素直な性格の人なら態度に出るだろう。「おいしい?」「うん……」あからさまにテンションが低い。嫁は困惑する。今日のご飯は上手にできたはずだ。サワラを塩麹につけるのだって、数時間前から仕込んでいるのに。

この場合誰が悪いって、気分屋で、やや偏食な私だ。わかっている。私が悪い。

けどさ〜〜〜〜〜〜〜

そう思い始めてから、誰かに飯を作ってもらう、ということの重みについて考えるようになった。なにをどう出されても文句を言わず、常に100%の笑顔で、おいしい! と食べられるだろうか。わたしは食べられない。至らない人間だからだ。

そしていま私には、ご飯を作ってくれる嫁はいない。どちらかというと嫁の立場で食事を作っている。自分だけ18時に倍チーズバーガーを食べ、23時に帰宅した男にサワラの塩麹焼きと、ほうれん草のおひたしを出している。「ごめんね、わたしは先に食べたの」「そうなんだ! お魚おいしいね」男には偏食がない。

こうして暮らしてみると、元々のステレオタイプである「男性は仕事、女性は家事」から抜け出しつつある現代でも、まだしっくりきていないように思う。性別のステレオタイプからは抜け出したが、そこからシフトして「料理上手(得意)な方が料理を作る」になっている。

料理上手な方が料理を作る、でもまあいいんだけれど、本当に揉めないのは「偏食な方が料理を作る」ないだろうか。違う? 極論かも。でもアリだと思う。

偏食な人間が料理を作れば、好きなものを好きなだけ作れるし、そういう人の伴侶がなんでも食べられる穏和な人であればなお良い。好きなものを好きなように作って(または買ってきて)食べられる幸せは、偏食を持つ人間にとってとても大切なことである。

性別でも、得意不得意でもなく、こだわりが強い方が責任を持つ。全ての家事がそうであるように、料理もきっとそうなのではと思う。

つまるところ、全員が全員、相性の良い相手に巡り会えますように。そう願っている。

 

 

朗らかな暮らし