やらしい初体験を迎えるにあたって気をつけた方がいいこと~心構え編~

      2016/11/12

 

こんばんは、みさとです。

 

ふざけてんのかっていうくらい暑い名古屋で、毎日毎日電車に乗って、馬車馬のように仕事して、シン・ゴジラじゃないですけど、私もう弊社ビル破壊しちゃんじゃないかなと毎日戦々恐々です。もう働きたくないよ。黒髪イケメン黒髪純朴理系ほわほわ男子大学生とやらしいことがしたい。やらしいことが、したい。



そうやって毎日毎日なんか素敵でやらしいことが起こらないかなと夢見てるわけなんですけど、最近ですね、LINE@で「初めて彼氏ができてやらしい初体験を控えているんですけど、どんな準備をしたらいいのか分かりません!」という切羽詰まったお便りを4通ぐらいいただいたんですよ。

4通も同じ内容って、こりゃあなんか夏だからみんな開放的になってんのかな?RIP SLYMEもかの有名な楽園ベイベーで「何故か多い6月のベイビー」つってたもんな!と考えを巡らせました。まあ確かにね、夏の情事は最高だから。エアコンの効いた部屋でふわふわのお布団に包まりながら致すのも良し、扇風機だけの部屋で汗ダラダラ流しながら致すのも良し。そういう風流でやらしいことがね、できるわけですから。

 

夏だし、やらしいことしよう。

 

ということで、今日ははじめてのおつかい!夏の大冒険スペシャル!的な暖かみを持って、はじめてのじょうじ!夏の大交接スペシャル!という表題で、初めてやらしいことをする際にやっておいたほうがいいこと、気をつけたほうがいいことなんかをお話していけたらと思います。適当なこと言ってますがわりと本気で話していくので寛容な心で許していただけたらと思います。

 

私は両手程度の経験人数しかありませんし、致した回数もそんなに多くはない素人ですが、初めての経験を控える皆様の参考に少しでもなれば幸いです。百戦錬磨のど淫乱の皆様は、多少致した経験のある素人が喜々として豪語したがってんだな!ウケる!と生暖かい目でいていただければと思います。よろしくお願いします。

 

 

根本的に、ディズニーランドとやらしいことは一緒

 

まずですね、根本的な話からいきましょう。

 

やらしいことはですね、ディズニーランドに例えることができるんですよ。そう、あの千葉のディズニーランドです。

 

img1472967282739

 

皆さん、彼氏とディズニーランドに行くことが決まったとして、ふたりでスマホやガイドブックを使って情報を集めますよね。レストランの予約をしたり、グッズの確認をしたり、当日ミニーの耳をつけるかバンビの耳をつけるか迷ったり、当日のルートとファストパスを決めますよね。つまり行く前に準備をすると思うんです。

そして実際、ディズニーランドに2人で行って、2人で立てた計画に沿って、パーク内をあっちにいったりこっちにいったり、むちゃくちゃに楽しむじゃないですか。

 

それです。

 

やらしいことも一緒です。

 

男の子とお付き合いを始めると、たぶんこの日、致すのではないか…?みたいなタイミングあるじゃないですか。初めておうちに行くとか、お泊りをするとか、そういうやつ。そういう日が決まったら、まず準備をするんです。ディズニーランドと一緒で、色々と準備をした上でそういう行為をすれば基本的には楽しめることが多いんです。

聞くに、やらしいことをしたことがない子がやらしいことをする際、なんだかトラブルが多いじゃないですか。したことないから不安!!どんな準備をしたらいいかわからない!!当日どんな流れでベッドの中で魚になるのかわからない!!覚悟を決めて挑んでみたらなんかむっちゃ痛かった!!彼氏がやっていることが正しいのかわからない!!!!みたいなやつ。

これってディズニーランドで言えば、ディズニーランドってどんなところかわからないんだけど本当に楽しいの!?よくわかんないからそのままパークに行ってみたけど人が多すぎて道わからない!!ファストパス!?なにそれ!?彼氏が右に行こうって行ってるけどカリブの海賊ほんとにそっち!?!?みたいな話なんですよ。

つまり、やらしいことが上手くいかないのは、基本的に事前リサーチ不足です。やらしいことをマジで楽しみたいなら、ディズニーランドと一緒で前準備をするべきなんです。Dオタとかならパークのこと知り尽くしてるのでフラッと行ってもいいんですよ。でもディズニーランドに初めて行くならちゃんと調べるか、詳しい人と一緒に行くのが一番なんです。やらしいことも一緒なんです。百戦錬磨のプレイガールだったら場数踏んでるので適当に致しても良いですが、まっさらさらな未開通の皆さんは前準備がいるんです。

 

まずここまでが前提です。いいですか。上記の内容をわかっていただいた上で、お話を進めていきますね。やらしいこととディズニーランドは一緒だなんて口に出したら正気を疑われそうですが、ここはインターネット、よかったら付いてきてください。

 

 

一番初めの準備として、とりあえず気持ちを作ろう

 

先ほど準備準備と連呼しましたが、まずやらしいことをする上で、一番大切な準備というか、非常に大切なことがあります。

 

やらしいことができて嬉しい気持ち、前向きに楽しもうという気持ちを作る。

 

これです。とりあえずこれ作れれば6割方オッケーです。もう大丈夫です。この先読まずにブラウザを閉じてもかまわないです。

 

これはさっきのディズニーランド論で言えば、パークで楽しむ気持ちです。パークにインすると、期間限定の耳をつけて、浮かれて、自撮りして、「きゃ~~~~~!!!!!ミッキ~~~~~~~!!!!!!ヤバいあっちにホーレスもいる~~~~!!!!!」みたいな感じでむっちゃはしゃいで楽しむじゃないですか。なんなよくわからないアドレナリン出まくるじゃないですか。そういう感じで、やらしいことをするときも、まず気持ちを作りましょう。私は情事において気持ちを作ることをド淫乱スイッチという呼び名で読んでいるのですが、とにかくこのド淫乱スイッチを入れることができれば勝ちです。ソフトに言えば「彼氏~~~~~♡♡♡好き~~~~~~♡♡♡ぎゅってして~~~~~~♡♡♡」みたいな感じで、こうね、わたしはあなたとやらしいことがしたいんだぞと、やらしいことをすることについて前向きなんだぞという姿勢を作ることが大切です。

だって、ディズニーランドで「ハァ…初めて来たけどここ人多すぎ……レストラン入れないし……雨降りそうだし……アトラクション3時間待ちとかマジで無理……」とか後ろ向きなことを言い出したら普通につまんなくなっちゃいますよね。一緒に来た彼氏もテンションの下がりまくっている彼女を見て嫌な気持ちになるだろうし、負の連鎖が起こります。

なのでまずはそういう心構えの面で、後ろ向きな気持ちがないようにしていくことが大切なことのように思います。

 

 

それっぽい知識を適当に入れよう

 

さて、致す上では気持ちを作ることがとにかく大切ということがわかっていただけたと思うので、続いて実際に準備へ入っていきたいと思います。

 

まず前準備として、基礎知識を入れましょう初めてやらしいことをする人、びっくりするほど基礎知識がないことがたまにあるんですね。例として、私の高校生の妹はそういうことをしたことがないんですけど、なんかこの前「やらしいことって、何回やっても痛いんでしょ…?」と言っていてびっくりしました。いや…なんだろう、そういう人もいると思うけど、そういう人ばっかりだったらこの世の中にやらしいこと大好き尻軽ガールがこんなにたくさんいないと思う……という話をしたら、マジじゃん……という顔をしていました。

 

じゃあ、そういう初心者が基礎知識をどうやって入れたらいいのよ?という話になりますね。

 

ここで私事になるのですが、三ヶ月ほど前、彼氏とこれからやらしいことをするぞ!というときに、私に向かって彼氏が真面目な顔をして言いました。

 

「俺もみさとちゃんもさ、致すことについて一切の勉強をしてきていないよね。国語や算数と違って教科書とかないし。手探りで今日まで来たよね。だから基礎がわかってない。基礎を学ぶべきだと思うんだ。

 

その言葉と共に差し出された一冊がこれです。

 

1472880733190

 

ギャグやないか。と思いました。この本、中のイラストが昭和すぎて、彼氏は数ある教本の中でなぜこれを選択したんだと不思議に思いましたが、二人で読んでみると「う〜ん、まあね、なるほどね~わからんでもないな~」という学びがありました。

 

つまりですね、やらしいことに疎い子は、まずそういうことに対する最低限の知識を入れるため、 なんか適当にまとまってる本を買って読むといいかもしれません。正直この本をオススメするかというと、もっとなんか女の子向けのやつを読んでいただけたらなと…こういう類の本はいっぱい発行されてるので…

中には、超絶テクニック!!彼氏を失神させる方法!!!!みたいな本もあるかもしれないんですけど、そんな上級者向けのじゃなくて、なんかすごい初歩っぽいやつでいいと思います。

なんに関してもそうですが、『わからない』という感情は、『得体がしれない』、つまり『怖い』という感情に繋がりやすいものです。

コンビニ前でたむろしているヤンキーを見ると「なにあれ…こっわ…」と避けて通りたくなりますが、よくよく話してみるとけっこうちゃんとしていたり、ポイ捨てされたゴミをさり気なくゴミ箱に捨てていたり「意外といいやつじゃん…」ってなるみたいな話はインターネット上にごまんとありますね。

やらしいことに関してもそうで、一連の流れを知らないと「痛いんじゃないの?ていうかどういう流れなの?わたしなにしたらいいの?」みたいになっちゃうかと思うので、とりあえず流れだけ頭に入れましょう。

先ほどのディズニーランド論で言えば、初めてディスニーランドに行く子が一日の行動計画を完璧に立てるのって厳しいじゃないですか。どのショーを何時に観て、どのレストランを予約して、どのファストパスを取るか決めた上で、まず当日はこのゲートから入ると一番ルートが最短だからあれでこうで!!みたいなね、そんなのね、初めて行く子には厳しいです。任せましょう詳しい子に。Dオタに任せましょう。

でも、詳しい子に任せるとしても、とりあえずガイドブック一冊見て「はは~んこういうアトラクションがあるのね?ファストパスというシステムがあるのね?ショーはスマホのアプリで抽選なのね?」と頭に入れておくと、当日詳しい子に「まずショーの抽選しちゃお!そんでこことここのファストパス取るからね!」とか言われても「オッケオッケー!とりあえずアプリダウンロードしといたよ!」と二人でキャッキャキャッキャできますが、知識がないと「えっショー?アプリ?ファストパス?」っておろおろしてしまうじゃないですか。なので、ほんと詳しくなくてもいいので、基礎だけ、常識の部分だけちょっとかじっておくことは大事なんじゃないかなと思います。

 

やらしいことをする場合は、男の子がDオタの立場を担ってくれて、最中リードしてくれることが多いですが、もしもし男の子も初心者の場合にはなおさら基礎を頭に入れといたほうがいいと思います。できたら二人で同じ本を読んだりできるといいんですけど、ピュアピュアカップルだと中々難しいと思うので、その場合は自分だけでもとりあえず入れておきましょう。一番最初はそんな感じで、もっと仲良くなってフランクに下ネタをいろいろ話せるようになったらその時は2人で本でもサイトでもなんか色々読んで勉強できたら素敵だと思います。

 

 

コミュニケーションを大切にしよう

 

心構え編の最後にお伝えしておきたいことなんですけれども、結局、やらしいことって相手がいることなので、予想外のことが起こったりもします。それをされるとちょっと痛いとか、苦手だとか。

そういうされたくないことをされたときに、初めてだと我慢してしまう子が多いように思うんですけど、我慢はやめましょう。辛いから。

やらしいことっていうのは、結局コミュニケーションなので、されて嬉しいことも、嫌なことも、上手に相手に伝えたほうが良い方向に転ぶことが多いように思います。

ディズニーランドで例えると、パーク内をたくさん歩いてむちゃくちゃ足が疲れてしまったときに、彼氏は平気そうだし我慢しよう…って無理して歩き続けて不機嫌になるより、「ごめんね、ちょっと足が疲れちゃったから休憩しない?」って声をかけて座って楽しくお茶でも飲んだ方がいいじゃないですか。

なので、お互いに思いやりの気持ちを持って歩み寄って、コミュニケーションをできるだけ取れるように気をつけたらいいんじゃないかなと思います。正直難しいことではあるんですけど、普段ならみんなやっていることだと思うので、ぜひ…すぐにはできないかもしれないけど、ぜひ…

 

 

 

以上、ここまでは概念とか精神論のお話をさせていただきました。むちゃくちゃでしたが、ついてきていただけましたでしょうか。こんな暴論を読んでくださった心が海のように広い皆様、本当にありがとうございます。
長くなってきたので、いったんここで区切らせていただきます。後編は、実際にプレイに挑む前準備として、臭いケアの話や、毛の処理の話や、なんかそういうリアルな内容になってきますので、よろしくお願いします。

後編はこちら!↓

やらしい初体験を迎えるにあたって気をつけるべきこと〜準備編〜 

 

 

w記事下

LINE@

ラインで友だち追加

友達申請&シェアして頂けたら嬉しいです!

 - 頑張るブスシリーズ ,