マッチングアプリで知り合った男の子がクソだった子からのお便り

      2018/05/25

こんばんは。名古屋です。

気がついたらもう夏。プールサイドでアルコール強めのカクテル飲んでそのままホテルになだれ込みたい季節ですね! ね〜! ほんと実現してえ! してえよ!

今日は、LINE@からこんなお便りをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

相談なのですが、クズな彼氏と別れてから出会いがなく、出会いを求めてすがりついたマッチングアプリ(with)でめちゃんこタイプの男性と知り合いました。相手からいいねとメッセが来たので「お、いい感じか?」と思いながらメッセのやりとりだけでめっちゃ好きになっちゃって「うわー会いたい!」とか思ってる矢先、それとなく聞いた一言から実は彼女がいるということがわかり、「今の彼女は押し切られて付き合った。今後どうするか悩んでる」という趣旨の返信がきました。私は元彼を他の女に取られた(正しくは別れた直後から会われていた)経験があるので、同じような女には成り下がりたくなくて「残念ですけどラブなしでお友達になりましょう」的なことを送りました。この男、どう思いますか?

この男、どう思いますか? についての返答を、一言でさせていただくとこうです。


そう、マッチングアプリは、悪いやつらの掃き溜めです。

これだけは覚えておいてほしいのですが、マッチングアプリに倫理、常識、道徳は存在しないです。ハンター試験みたいなもん。自分の実力を試す騙し合いです。

メッセージくれた子はさらに「その男、『俺嘘つけないから正直にいうけど』って彼女がいることを告白してきたんですけど、これってただ自分を正当化して美化してるだけですよね。当の彼女には内緒なのに嘘つけないとか意味わからなくないですか?」ってキレにキレたんですけど、それは、常識がある人間同士の話なんですよ。そりゃね、悪いよ。でもマッチングアプリに常識はないから。

個人的な体感としては、マッチングアプリの95%は悪人、善人は5%くらいです。

最近は広告やCMの影響もあるのか「出会いがないからマッチングアプリ始めてみたけど、こういう不幸な目にあって…」っていう話をむちゃくちゃ聞きます。

たぶん、普段から正直で真面目な人は、マッチングアプリに対しても正直で真面目に向き合ってしまうので「返事が返ってこない」とか「男の人からこんなことを言われて」と考え込んでしまうんだと思います。それはきっと、95%の悪人に引っかかっています。

なんで95%も悪人なんだ! という話なんですけれども、もうそれは日本社会の構造の話になってきちゃう気がします。みんな日頃の鬱憤を自分の実生活と関係ないところで晴らしてるんだと思う。やっぱり、適当にセックスしたい人は多いし、適当にちやほやされたい人も多い。人間は欲深いので。

あとね、マッチングアプリの縁って、すっごく細いんですよ。結局赤の他人だからいつでもブロックできちゃう。そういう意味でも、すごく難しい。

なので、マッチングアプリでまともな彼氏を探すということは、うっかり迷い込んだ5%の善人をいかに見つけ出すかの勝負です。95%を占める悪人の嘘を見抜いて切り捨てて行くことが大事になります。でも、5%を見抜くのってけっこう難しかったりします。

だから、本当に彼氏が欲しかったら、アルバイトやサークル、会社とか、取引先とか、なんでもいいんですけど、現実世界で努力して探したほう楽なんじゃないかな。

アルバイト先に男がいないならアルバイトを増やせばいいし、会社に男がいないなら社会人サークルを探したり、ボランティア活動をしたり、習い事をしたりするといいと思う。

ただ、マッチングアプリに希望がないわけではありません。今月、わたしの男先輩がPairsで知り合った女の人と結婚したんですよ! めでたい! なので、善人同士が巡り合って、良い関係を築いていける事例もたくさんあります。「5%を探り当てて行くぞ!」っていう気概のある人はぜひ頑張ってもらえればなと思います。

探り当てにいくときのコツは、大衆に広まっているマッチングアプリを使うこと! 「このアプリ、聞いたことあるしやってみようかな…」って素直な気持ちで始めてみた善人が多いので。それこそPairsは定番だし、最近だとOmiaiとかもよく聞く気がする。

マッチングアプリはすごく便利です。ちょっと遊ぶのにはむっちゃ向いてるし、うまく行けばまともな彼氏もできる。だけど、あくまでハンター試験。魔界だということを忘れずに、適切な距離感で使っていくべきなんじゃないかなと思います。

それでは、今日はこのあたりで失礼します。みんなが幸せに愛されますように!

w記事下

LINE@

ラインで友だち追加

友達申請&シェアして頂けたら嬉しいです!

 - LINE@からのお便り