20歳にして処女であることに焦っている子からのお便り

      2017/03/13

 

こんばんは、名古屋みさとです。

本日もまず、名古屋メシの紹介からさせていただきます。

名古屋メシとして有名であることはもちろん、地元の名古屋人もよく訪れるお店に、台湾ラーメンで有名な味仙があります。写真は台湾ラーメンアメリカンミニサイズです。

c32dacc9-a72b-497b-b0f1-8a4605e7a993

味仙は名古屋のいろいろなところに店舗が乱立しており、正直きれいとはいえない店内に、話の通じない謎の外国人店員がいるところが特徴です。やつら、水の入った瓶をバーン!って机に置いていきます。

味仙に対する感情は、大好きというより、嫌いになれないと言ったほうが正しく、なぜかフラッと味仙に行って、特徴的な赤色のテーブルで台湾ラーメンが食べたくなります。皆さんも是非一度食べてみてください。

 

それでは気が済んだので本題です。今日もたくさんLINE@よりメッセージをいただいております。ありがとうございます。

その中で、前々から不思議に思っていることについてのお便りをいただいたので、掘り下げてみたいなと思います。

こちらがお便りの内容です。

私は4月で20歳になるものなのですが、以前「20歳で処女は売れ残り感がハンパない」という話を聞きました。これは本当なのでしょうか…。
私は今まで彼氏もいたことがなく、その行為の機会も全くなかったです。
もしこれから彼氏ができたとして、自分は処女だということを言うと引かれてしまうのではないかと思い心配です。名古屋みさとさんの見解はどうですか?

 

まず、サガミオリジナルでおなじみ、相模ゴム工業という大手避妊具メーカーが2013年に行った性経験に関する調査がインターネット上で公開されています。

http://sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex/

このサイトによると、20代の回答による初体験の平均年齢は18.7歳だそうです。このサイトでは他にも色々な調査がしてあって面白いので、ぜひ一度見てみてください。

18.7歳となると、今回メッセージをくれた女の子、仮にみすずちゃんとしましょう、みすずちゃんが20歳で処女であるのは、平均年齢より少し遅いかもしれません。

ただ、今回の話は、平均より遅いからヤバい!とかいう単純なものではないと思います。

みすずちゃんは20歳の時点で処女であることに焦りを感じていますが、25歳で焦りを感じている人もいるし、30歳で焦りを感じている人もいると思います。最近では、高齢処女というワードもよく耳にします。

なぜ、歳を重ねた処女は良くないとされるのでしょうか。

私の個人的な見解ですが、男性と致した経験がないこと自体が問題視されているわけではないはずです。その先にある、男性と付き合ったことがない、つまり『男性に愛されたことがない』と思われてしまうところが問題になっているように思います。愛されたことがないとかいうと、なんだか大層な響きになるので、本気で付き合ったことがないとか、大事にされたことがないとかでもいいんですけど。

簡単に言葉にすると、男性から「この子、可愛いし良い子なのに、今まで彼氏がいなかったということは、周りの男性がなにかの理由で手を出さなかったのか?つまりこの子にはなにか問題があるのではないか?地雷か?」と思われてしまうということです。

でも、非処女の中にだって、愛されたことがない子達はごまんといます。別に好きでもない相手と興味本位で致した子や、チャラチャラした男性にフラフラ付いていってヤり捨てされた子、体を求められることだけに喜んでいる子など、この世は悲惨な非処女だらけです。私も学生の頃からずっとこの渦の中にいます。

つまり、問題になっているのは以下の括りなのです。致したことがあるとか、致したことがないとか正直あんまり関係ないと思います。

愛されたことがない

ただですね、愛されたことがあるかないか、つまり男性と本気で付き合ったことがあるのかないのかは、目が肥えていない限り、ちょっと話してみたくらいじゃわからないんですね。見た目からしたら、経験のない子も、経験がある子も、普通に可愛い女の子です。

となると、人は目に見える部分で判断します。それが、今までの単純な彼氏の有無や、処女非処女になってくるわけです。

それを踏まえて、可視化できる部分だけで判断した括りが、以下のとおりになります。
処女

経験者

致したことがある子だって、致したことがない子だって、掘り下げてみれば上の図のように中身はいろいろです。そしてその円の中でまた個人個人の理由があります。

プラトニックな関係で、本気でお付き合いしたことがある処女だっているだろうし。女子校育ちで女性だらけの職場に就職して出会いがまったくないという理由で本気でお付き合いをしたことがない処女だっているだろうし。

また、致した経験があるといっても、愛のないセックスを繰り返して、いっときの快楽や承認欲求のために心の傷や性病という十字架を背負う子もいます。

 

でも、そんなことって簡単には目に見えないので、非処女であればきっと誰かに愛されたことがあるのだろう、処女であれば、愛されたことがないのだろうとわかりやすい判断をする人が多いのだろうと思います。

 

よく、経験のない子に「処女であることに焦っています。とりあえずそこらへんの人で適当に捨てたほうがいいのでしょうか?」と聞かれることがあるんですけど、そんなことをしても『愛されたことがない』という括りの中で、処女から非処女に移るだけなんじゃないかなと思います。

可視化できるという点では、処女から非処女になれば「この子は愛されたことがあったのかもしれないな」と思ってもらえるかもしれませんが、そのためだけに不幸せなセックスをしたり、性病や妊娠のリスクを負うのはしんどいんじゃないかなと思います。

 

というかそもそも、人にはいろんな人生があって、物事にはいろいろな理由があります。今までお付き合いする人がいなかった、今までセックスをしたことがなかった、それにはいろんな理由があったんだと思います。

『愛されたことがない』なんて粗雑な言い方をしてきてしまいましたが、その人自身に魅力がなかったわけではないと思います。高齢処女だって、アバンチュールを繰り返すビッチだって、魅力がある人達ばかりです。たくさん魅力があっても、恋愛や人間関係には合う合わない、そしてタイミングがあるじゃないですか。それがわからずに上辺だけ見て「処女はちょっと…」とか言ってくるやつは普通に人を見る目がないので無視しとけばいいと思います。人の価値は処女非処女で変わりません。本当に。

なので、メッセージをくれたみすずちゃんも、あまり焦らずに、まずお互いがお互いを尊重できる相手を見つけることが大事なんじゃないかなと思います。処女自体はまったく悪いことではないので。

 

そんな感じで、今日は締めさせていただきたいと思います。好き勝手言ってすいませんでした。誰も彼もが、幸せになれることを願っています。

 

新規キャンバス

 

w記事下

LINE@

ラインで友だち追加

友達申請&シェアして頂けたら嬉しいです!

 - LINE@からのお便り , ,